松本深圧院
股関節専門サロンです。

施術予約
股関節痛・膝関節痛
患者さまの声
当施設のご案内
深圧について
院長ブログ
ご質問・お問い合わせ
ご挨拶 松本深圧院のアクセス・施設時間のご案内 松本深圧院の料金案内 松本深圧院のHOMEへ戻る
松本深圧院
患者さまの声 N さま(女性)

大学病院から「人工股関節手術しかない」と言われましたが、筋肉施術で痛みが軽減し、良くなってきました。
 3年前より右脚に違和感があり、左脚でかばって歩行していました。1年前には職場で杖を使う様になっており、今年(H19)に入って股関節の痛みが日に日にひどくなった為、4月より休職し、あちこちの病院や整体院・鍼灸院に通っています。
地元の整形外科からは特発性大腿骨頭壊死と診断され、大学病院ではリウマチに起因する変形性股関節症と診断されました。末期なので、治療法は人工股関節手術しかないと言われています。
休職すれば、負担が減り、少しは痛みが軽減できるなと思っていましたが、なかなか思うようにいかず、毎日悶々と過ごしていました。そんな中、筋肉施術というものを知りました。ここ数ヶ月、階段を上がるのに脚を右左右左と交互にあげることができず苦労していましたが、初回の施術後なんと!交互に上がることができました。(もちろん手すりにつかまってではありますが)感激です!!
現在は、施術を週2回と自分でのケアとプールでのトレーニングが日課となっています。
患者さまの声 O さま(女性)

股関節の痛みについては、ほとんどあきらめていましたが、深層筋の施術をしてもらい、日々筋肉のケアをすることによって調子がよくなってきました。
 生まれた時に先天性股関節脱臼だった私は、歩くようになった頃に石膏で固めた治療をし、学生だった頃も時々、違和感があった事を覚えています。 20歳で結婚し子育ての際、時折痛む程度でしたが、患側の左脚は自然とかばう様に生活していました。 30歳後半から痛みが出て、幾つかの病院を受診し、「自骨での手術は年齢から今しかない」と言われ悩みましたが、家庭の都合でどうしても手術できず、他の方法を聞いた所、「筋肉をつける事だが、この骨では痛くて運動できないでしょう」と言われました。 40代後半では痛みは増し、家事はやる気はあっても痛みで立ち居振る舞いが不自由で怠けているようでした。 その後、ある方からの紹介でマン・ツー・マンでトレーニングをしてくれる所が見つかり、そこに賭けてみようかと決心し通いました。 5年程最初は週2〜3回で後に週1ペースで通い、とても大変でしたが序々に身体能力もつき、まだ不自由でしたが日常生活も以前より改善されました。 その間手術を回避してきましたが、以前の診断結果から、筋肉をつけて手術(人工)をする事を決心し、手術の上手な医師探しで、再度病院行脚しました。 リハビリやトレーニングを続けながら、変形性股関節症のNPO法人のぞみ会への入会、インターネットからの情報収集に努めてきました。今年になって筋肉の深層筋をケアする方法を知りました。 以前と比べると日常生活の動きもトレーニングの成果で良くなって来ましたが、痛みは変形してしまった構造上手術しなければ一生取れないだろうと諦めていました。  それが深層筋の施術をしてもらった日から1週間程の間、股関節や殿筋の痛みが取れ、一時的にせよ歩くことがこんなに気分の良いものかと晴々とした気持ちを味わいました。いろいろ変遷がありましたが、今は筋肉を施術で緩和してもらい、自主トレーニングでゆっくり鍛え、趣味のゴルフも継続できるようになりました。 同病の方も、痛みがある時の無理なトレーニングは症状悪化につながるので、股関節についている筋肉を緩めて、痛みを少し取り除いてからゆっくり、あせらずトレーニングや良い歩行を試みれば希望ある明日につながると思います。 現在自身の自主トレも股関節は身体全体の一部として捉え、体幹を整え、バランス良い身体づくりを目指しています。 これも深層筋や他の筋群をケアしていただいているからです。 最後に幸いなことに手術の上手なドクター探しはもう少し先になりそうです。
Copyright (c) 2009 by MATSUMOTO SHINATSUIN NAGOYA, all rights reserved.